STEP本八幡 管理者インタビュー

本八幡管理者
176views

2016年9月1日に放課後等デイサービスSTEP本八幡がオープンしました。

管理者は小田さんです。小田さんの自己紹介とSTEP本八幡について、お話をうかがいました!

―――自己紹介をお願いします。

こんにちは。小田です!よろしくお願いします。
私は石狩鍋で有名な北海道の石狩平野で育ちました。札幌に近い街です。

最初は札幌に住んでいたのですが、小学生のときに不登校になってしまったので、家族みんなで石狩に引っ越しました。不登校で家にいる間、漫画の『アタックNO.1』をずっと読んでいたので、転校先ではバレー部に入りました。そこで精神的にも鍛えられて、中学の時には全国大会にも出場しました。両親は、環境を変えることで私の気持ちを切り替えさせてくれました。

中学生の時から学校の先生になりたかったので、教員免許を取れる大学に進学しました。

―――大学ではどんな勉強をしたのですか?

保健室の先生になろうとして「養護教諭」のコースを選択したつもりが、うっかり間違えて「養護学校教諭」のコースを履修していたんです。いま思うと笑ってしまいます。(笑)

大学の授業が始まってから、子どもの傷の手当とか医療的な授業がほとんどないので「あれ?」と気がついた時には遅かった!ただ、結果的には自分にあっていたと思います。

教育実習で知的障害の養護学校に行ったときに、養護学校の先生たちは「なんでできないの!?」という否定ではなく、「この子はこういう子だから、こうアプローチしよう」と取り組んでいました。
私がやりたい教育はこれだ!と思いました。その実習で自分の中のスイッチが入りました。

―――卒業後は教職の道に進まれたんですよね。

大学卒業後は、先生の紹介で特別支援学校高等部の家庭科の担任になりました。知的障害や発達障害の高校生の、就労支援や卒後支援をしました。
次に赴任したのは肢体不自由の特別支援学校で、その後は情緒障害の特別支援学校にも赴任しました。

特別支援学校で子どもたちと関わった6年間は本当にいい経験でした。続ける道もありましたが、趣味でやっていた音楽活動もやりたかったし、夢をもって東京に出てきました。
しばらくは音楽イベントのオーガナイザー(企画者)の仕事をしていましたが、やっぱり子どもと関わりたくて都内の児童館と学童で働きました。

学童には発達に凸凹のあるお子さんも通われていて、そのお子さんも手だてさえ変えれば参加できると思いました。
視覚補助を入れたりと工夫をしたいと思ったのですが、「その子だけが子どもじゃないから特別扱いはしない」というルールだったので、深く関わることができずに歯がゆく感じました。

もっと療育のことを学びたい気持ちが募って、その後、ABA療育や課題分析などの手法が得意な療育施設に勤めました。
そこで多くのことを学んで経験を積んだことで、自分の持っている知識やノウハウ、この仕事の楽しさ、難しさを伝えていく管理者としての役割を担ってみたいと思うようになりました。

―――いま管理者になって、どんな教室にしたいと考えていますか?

まず、私を含めたスタッフはお子さんひとりひとりの「個性」や「できること」を見つけることが、お子さんと関わるスタートだと思っています。
SSTや課題分析などの手法も使いますが、まずはそのお子さんのことを知ることからスタートして、関わり方を保護者と一緒に考えて、実施しています。お子さんが生活の中にスキルを発揮できるようにすることを一緒に考えていきたいです。

人生って失敗することってあるじゃないですか。だからこそ、失敗から学ぶことは大切だと思っています。
本八幡教室では職員もお子さんも一緒に楽しんで、みんなで考え、助け合い失敗を怖がらずにチャレンジして、みんなで「どうする?」って考える教室にしていきたいです。

―――利用を検討中の保護者にひと言いただけますか?

特別支援学校や学童でお子さんと関わっていると、保護者が相談できる窓口が足りていないことを強く感じています。
本八幡教室では「悩んだ時にはいつでもご相談ください」と、お伝えしています。保護者を支えることはお子さんのためでもあります。

オープンな風通しの良い教室にしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

Facebookコメント

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。


受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE