STEP 3月のニヤリホット集

3月のニヤリホット
1,317views

こんにちは。STEP広報の井上です!

「ニヤリホット」ということばをご存知でしょうか?
「ヒヤリハット」の反対の意味で使われている言葉です。

「ヒヤリハット」は、「ヒヤッ」とした出来事や「ハッ」とするトラブルを共有して、リスクを抑えて安全を守るための報告です。
製造業や介護、看護、サービス業などの幅広い分野でリスクマネジメントで使われています。
「ニヤリホット」の場合には、お子さんの成長の発見や心があたたまるやりとりに目を向けて、ニヤリとしたり、ホッとしたりしたことを記録するための報告です^^

今月はSTEPの長津田教室相模大野教室白楽教室南流山教室浅草教室西東京教室船橋高根台教室、から「ニヤリホット」が届きました。思わずニヤリ、なんだかホッとしてしまうSTEPの出来事をご紹介します!

デコボコなこどもたち

ひな祭りのお出かけで都筑区にある古民家園に来ました。茅葺き屋根の家の中に沢山の吊るし雛が展示されていて、お子さん達も歴史的な雰囲気を感じながら楽しんでくれました。
見学も終わり、帰り道の園内を歩いていると黒猫を連れた近所の方とすれ違い、挨拶すると「あらあらどうしたのみんなで~」と声をかけられ、子供達が「可愛いい」と猫を触りたそうにしていると「おこげっていう名前なんだよ」と言いながら触らせてもらっていました。
しばらく和やかな雰囲気の中、名残惜しいくもさよならをする時に「ありがとうございました」とお礼を伝えていました。
地域の人との何気ない関わりの中で必要以上に猫に触らず、お礼もできていた子供達ににっこりです。(STEP長津田)

いつも宿題をためてしまうDくん、この日も学校の宿題のプリント1枚とkumonのプリント8枚を持ってきました。保護者の方からも家ではゲームに没頭してしまい絶対にやってくれないのでSTEPでは終わらせたいとのお話でした。STEPで終わらせるとDくんも約束しているため、「辛い、辛い」と文句を言いながらもなんとか取り組み終わらせてくれました。
宿題を片付けている途中で「毎日やってみようよ」と何度話しても「無理」と答えるばかりで、なかなか聞き入れてはもらえず。再度、遊びの中でDくんと何が嫌なのか話をしながら「1枚でも毎日やってみよう、そうしたら辛い思いをしなくてもいいんだよ」と話すと、しばらく間がありましたが「STEPお休みの日、友達と遊ぶときに時間作ってみる」と答えてくれました。「本当に?」と聞き返すと「うん」とひと言。自分からやってみようという気持ちを伝えてもらえたことにとても嬉しくにこりです。
Dくんの言葉どうり実践できるようになれば良いなと思います。(STEP長津田)

車内での話です。
いつも通りしりとりやクイズを指導員や他児に出しているSちゃん。
3ヒントクイズ(3つのキーワードから答えを導き出すクイズ)を始めました。
「背が高くて、イケメンで、素敵な男の人は誰でしょう?」と問題を出すSちゃん。
調子に乗った指導員が自分と答えるも「ブッブー」と一言。
正解が分からずSちゃんに答えを聞くと「正解は私のお父さんでした!素敵なお父さんなんだよ!」と言いました。
6年生の女の子のSちゃんですが、自分のお父さんの事を素敵なお父さんと説明出来る姿に感心すると共に、お父さんが聞いたら喜ぶだろうなと思った瞬間でした。(STEP長津田)

デコボコな子ども good!

ひな祭りのパーティの日に向けて、職員がお昼休みなどを使って、「楽しいひな祭り」の歌をリコーダーで猛特訓しました !療育として、リコーダー、鍵盤ハーモニカ、タンバリン、鈴、太鼓など教室にあるすべての楽器を使って、演奏会をする為の練習です。
全員暗譜し、完璧に吹けるようになり、ひな祭りパーティの当日、演奏会前のおやつの時に、演奏を披露したくてしょうがない石原は、ソロ演奏で子ども達に自慢しました。
リコーダーを吹くとみんな笑顔になり、聞き入ってくれ、R君は最後には拍手と大きな声で「アンコール‼︎」と絶賛してくれました★
もちろん、アンコールも吹き、演奏会でもR君は指揮をしてくれ、みんなもとても楽しそうに演奏してくれました。(STEP相模大野)

ひな祭りの外出を楽しんでいるRさん、この日は雨でしたがお気に入りの傘をさしてルンルンのRさんです。帰りの車に乗ろうと傘を閉じるRさんですがなかなか上手く行きません。
Rさんは、以前からこの作業が苦手で指導員と練習していましたが、この時は自分の力だけで傘を閉じることが出来ました。「よくできたね」と褒めながら車にのると「え、だってあきらめたらいけないんですよ」と当然のようにひと言。思わず「おっしゃるとおりです」と皆にこりでした。小学1年生ながらもこの言葉を選択できる力に感心でした。(STEP長津田)

帰りの送迎の車の中みんなで連想ゲームをすることになりました。「力持ちと言ったらお相撲さん」→「お相撲さんと言ったらいっぱい食べる」とつづきRさんへまわると力いっぱいに「いっぱい食べると言ったらR!」と答えその言葉にみんな笑ってしまいました。そこえさらに「だってRいっぱい食べちゃうんだもん」と話してくれ、場をさらに和やかにしてくれました。(STEP長津田)

デコボコなこどもたち

帰りの送迎時、磯子教室から来てくれた大好きなスタッフさんが送迎するということで、
沢山お話をしたい2人のお子様が、”どっちが先にご自宅まで送ってもらうか”で口論となる。
話し合いでは決まらなかったためじゃんけんで勝った方が後に送ることで納得し、じゃんけん勝負をする。

結果→Aちゃんの勝利っ!!!
負けたお友達は、あまりのショックに泣いてしまいました。
すると。。勝負に勝ったAちゃん…

『私、やっぱり先でもいいっ!!』と言い、お友達に譲ってあげることができました。
この後、泣いていたお友達もしっかり『ありがとう』とお礼を伝えることができました。(STEP白楽)

自由遊びの時間、いつものように新聞紙で剣を作りお友達の3人と戦いごっこで遊んでいる時。
スタッフがそろそろ「泣く前にやめようね。」と言おうと思っていた瞬間、F君が「もう少し優しくやろう!」とトラブルが起きない言い方で伝えることができました。
ほぼ毎回のように喧嘩寸前までいっていたお子様達が最初から最後まで仲良く楽しそうに遊ぶことができました。(STEP白楽)

みんなちがってみんないい

本日の療育内容は、春をテーマにしたぬり絵を行いました。H君は今まで何回かあったぬり絵にはほとんど参加することができておりませんでした。スタッフが塗り、名前を書く。スタッフが塗り、名前を書く。いつになったら興味がわくかと楽しみにしていたんですが。。。
ついにっ!!一生懸命、自分一人でモクモクとぬり絵を行なうことができました。

スタッフあまりの嬉しさに、褒めちぎる・褒めちぎる!!ちょっぴり照れてしまうH君でした!!!(STEP白楽)

長津田では、集団療育中などでもボールに興味がいってしまう児童が多く、そのままテンションが上がり、周りの状況が分からなくなってしまうという事が多く、改善のために教室内にある遊具を療育関係の遊具とカードゲームのみにして、ボール類を事務所管理にし、ボールで遊びたいときに先生に声をかけて遊ぶという新しい取り組みを始めています。
この日は、その取り組みの初日でした。
教室に入るなりボールがないことに気づいたDくんに指導員から説明があり意外とあっさり納得してくれています。しばらくするとSくんが教室に到着しボールが無いことに気づいたSくん、そこへ「なんかねぇ、出してくださいって言えば出してくれるんだって」とDくんはSくんに説明してくれSくんは「ふーん」と納得してくれました。
その後、宿題を終わらせた後、指導員に声をかけてからボールで遊んでいました。
Sくんの場合は、同じような状況ではいつも自分が納得できるまで説明を求めてしまうのですが、Dくんの言葉がすんなりと入りその場で納得することが出来ていて、子供達同士の言葉の力にとても感心しました。(STEP長津田)

ひな祭り見学の帰りの車の中、指導員同士がニヤリほっとの話題になり「子供たちのいいところをいっぱい見つけましょうね」と話しをしていると「なんのお話をしているんですか?」とRさん。
「Rちゃんの頑張ったところちゃんと見てるよってお話だよ」と伝えると「本当に見ててくれるんですか?」と嬉しそうに聞き返してくれます。「本当に本当だよぉ」とやり取りがつづき、Rさんがあっと気づいたように「でも~E先生は見ていないじゃないですか~」と運転中の指導員に不満そうに聞き返されました。指導員達もしばらくの間をとり、そういう事か!と思わず「運転中以外はちゃんと見てるよ」と答え笑ってしまいました。(STEP長津田)

今日は、集団療育でトランプを使った数字集めゲームを行い、教室中にバラバラにまいたトランプを、児童1人が1つのマークを担当し1~13まで集めて仕訳をしてもらい指導員に渡すルールにしました。
意外と難しく、なかなか時間がかかり指導員もヒントを出しながら集めていきますが、Sくんが探せずにスピードダウンしていると、Kくんが「俺もう少しで終わるから、そしたら手伝うからまってて!」と声をかけていました。Sくんも「うん」と答えながらも一生懸命探しているやり取りにみんなにこりです。(STEP長津田)


デコボコな子どもたち みんあで遊ぶ

普段自分から質問をすることが少ないTくんですが、Rちゃんに興味を持ち「何歳?何年生?」と聞いていてびっくりしました。その後はスタッフにも「○○さんは何歳?」と順番に聞いていました。スタッフはいつ自分の番が来るのかひやひやしながらも、その場にいた皆が笑顔でコミュニケーションをとれたことが嬉しく思います。(STEP船橋高根台)

調理実習、レンジで温めるものを作っていました。その待ち時間に学校の発表会で行ったダンスを自ら踊ってくれました。恥ずかしそうに照れながら踊っている姿を見たらほっこりしました。(STEP船橋高根台)

Nさんは自分から進んで宿題に取り組む事がなく、宿題前に指導員が何度か声をかけてから始めたり、Nさんが好きな遊びや運動をしてモチベーションを上げてから宿題を始めたりしていました。
今年に入ってから、指導員の声がけ1、2回で宿題に取り掛かれていて「お姉さんになってきたね」と褒めていました。
2月後半からは自分から宿題の準備を始めるようになり、今月に入ってからは「Nもう始めます」と何も言わなくても宿題に取り組めています。
保護者の方からも最近のテストの点数が良いので嬉しいですとの声がつづいているので、継続できると嬉しいです。(STEP長津田)

先週から沢山コミュニケーションを取ってくれるようになり、昨日は照れながら似顔絵付きのラブレターを書いて渡してくれた。(STEP南流山)

2回目利用のN君のお母様から連絡帳へ素敵な内容がっ!!「今日まで待ちに待ったステップっ(>▽<)本人はすごく楽しみにしています。大好きです♡」と素敵なお言葉を頂戴いたしました!(STEP白楽)

えこひいき

整理整頓ができたご褒美のスペシャルシールを子供達が真剣に選んでいました。なかなか決めかねている様子なので指導員が「せいので指さそう」と合図をだしました。
2人が同じシールを選んでしまいRさんは「これが欲しいです」Nさんも「これじゃないと嫌だ」と譲りません。指導員も「どうしたらいいいかな?」など声をかけますが沈黙の間がつづきます。、するとNさんが突然シールをもってランドセルにしまいに行ってしいました。よく見ると2人が欲しがっているシールが残っていました。「Nちゃん良いの?」と指導員が聞いても何も答えてくれません。そこへRさんが「ありがとう!」と大きな声でお礼を言ってくれましたがNさんは少し泣いてしまいました。Nさんは最近特にお姉さん意識が強くなってきていて年下のRさんに譲る気持ちが自然にでてきての行動だと思います。少し泣きながらも帰りの会に参加していつものように帰ることができました。欲しかった気持ちを我慢して気持ちを切り替えようとしたNさんがとても素晴らしいと思いました。(STEP長津田)

HさんとKくんが公園でボール遊びをしていた際に、ボールが公園近くの家の庭に入ってしまった。指導員が謝りに行こうと言うと最初は戸惑っていた様子だったが、一緒に謝りに行き、ボールを取ってもらうと「すみませんでした。ボールを取ってくれてありがとうございます。」としっかり謝ることが出来た。謝った後には「ちゃんと謝れて良かったね。これからは気を付けよう」と言っていた。
今もボールの使い方には気を付けて、楽しく遊んでいる。(STEP西東京)

季節感を味わってもらおうと、アイスにイチゴをトッピングする調理レクをしました。
指導員が「おやつにするから、テーブルを拭いてくださ~い」と濡れタオルを置くと、遊んでいた子供達が素早くおもちゃをかたずけテーブルを拭き始めました。
僕が僕がとテーブル拭きを率先し合っていたので指導員が「皆で協力してね」と声をかけると、
Kくんが「ぼく、ここまで拭くから」とRくんへRくんも「じゃあぼくは、ここまで」とSくんへタオルが渡り最後にSくんが残りを拭いてくれました。
1つのテーブルを3分の1づつ振り分けて拭いてくれました。なるほどと感心しながらも3人の素晴らしいチームワークに指導員達もにっこりでした。(STEP長津田)

デコボコなこどもたち

教室にバランスボールが届き、みんなで順番に遊んでいた時の事、普段よりも子ども同士の会話が多かったことにニヤリしました。
いつもは指導員を頼ってしまい、遊具の貸し借りの声掛けがなかなかできずにいるお子さんも、その日は指導員に声を掛けたところ、指導員が「今使っている児童に聞いてごらん」と提案するとバランスボールに乗っている児童に、自ら声を掛けに行くことが出来ていました。

このようなやり取りが数人あり、一人づつ時間を決め、みんなで順番待ちをしながら、初めてのバランスボールを楽しんでいました。(STEP西東京)

いつものように宿題に取り掛かるKくん、Kくんはあまり算数が得意ではないのですが、この日は計算問題が少ないためか算数のプリントをスラスラ解いていきあっという間に終わりました。「算数がすぐ終わって良かったね、えらい」とほめると「あのね学校の先生が言ってたんだけどね、小さい頃から算数ができると、大人になってからお金を数えるのが楽しくなるんだって!だからいまのうちなんだよ」と得意げに教えてくれました。思わず指導員も苦笑いしてしまいましたが、小学3年生のKくんの素直に受け止めている素直さにニコリでした。苦手な算数が好きになってくれれば良いなと思います。(STEP長津田)

Aくんは家では会話できるが、学校やSTEPでは緊張のために言葉が出てこないので、言葉のキャッチボールが難しいお子さんです。

その為、指導員が選択肢をあげ、指さしでの希望確認やうなずき、首ふりなどで会話をすすめることが多かったが、最近、指導員が「おかえり」と声掛けすると小さい声だが「…ただいま」と返事が返ってくるようになったり、「何年生?」と聞くと「…●年生」と答えてくれたり、Aくんの緊張が解けて、STEPに慣れてきたことを実感してニヤリしました。(STEP西東京)

この日のおやつのお皿とスプーンの色ががバラバラだったため、2人の児童が青色のスプーンの取り合いになりました。「お皿の色が青なんだからスプーンは僕で良いでしょ」というRくんに対して「ダメ、無理」と答えるSくん。そんなやり取りを見ていたKくんが
「ここは、お兄さんのSくんが譲ってあげればカッコいいってなるんだよ!」とSくんの肩に手を置き声をかけていました。
Sくんもしばらく考えていましたが、結局この時は譲らず、年下のRくんがSくんに譲る形になりました。
Sくんとは同じお兄さん同士で分かり合っている所もあったからこそのKくんの言葉だったのかなと思いつつ、同じ場面でKくんならきっと譲れるんだろうなと思いにこりです。(STEP長津田)

弱さを出せたら

こだわりがあり、本人が好むパズルなどを行うことが多く、それ以外の活動に声をかけても「いやです」「やらない」と答えることが多いUくんだが、その日はアイロンビーズに誘うと「やる」と言って椅子に座る。
ハートの形の台を選んだため、「プレゼント作るの?」「誰かにあげるの?」とスタッフ齊藤が問うと、照れたように笑う。
翌日がホワイトデーだったため、「ホワイトデーのプレゼント?」と再度問うと、Uくんが「お母さんにホワイトデーのプレゼント」と笑顔で答えた。(STEP船橋高根台)

この日は、Sさんが引っ越しをしてしまうためSTEP利用最後の日です。
小学校2年のSくんとはお互い毛嫌いしている関係ですが、2人共トラブルもなく過ごせました。
帰りの会でSさんのことを説明し、みんなからSさんにひと言づつとお願いするとSくんは関心がないのか「さよなら~」と素っ気ないひと言。
帰りの送迎を待つために玄関でスタンバイしているときに、指導員達がSさんに挨拶しているとSくんが「もう来ないの?」と指導員に聞いてきたので、「そう寂しいね」と答えると、後ろに立っていたSさんを気にしながら「写真撮りたい」と提案してくれました。
送迎いに出発する時間だったため写真を撮ることはできませんでしたが、最後にSさんのことを思える言葉が聞けたので後ろで聞いていたSさんにも何か伝わってくれたら良いなと思います。(STEP長津田)

今日はNさんの利用最終日。
いつも一緒に面倒を見てくれる仲間のRさんがお休みだった為もあってか、その日はYさんが、Nさんの様子が気になって仕方ないようでした。

おやつ作りの際、Nさんが初めて行う作業で緊張していると、Yさんは隣に立ち、「大丈夫だ。そう。そお~っとだぞ。そうそう。」と褒めながら見守ってあげていました。

だんだん自信がついてきたNさんは、帰りの会で司会を務めることに。もう自信満々なので、一人でできる!とばかりに輝いていたのですが、Yさんは依然として「(ひそひそ声)次は、帰りの車を発表します。だぞ~」と、心配し続けてあげていました。
そんな2人の関係性に、最後までニヤリでした^^(STEP西東京)

トランプの神経衰弱を、子供達と指導員全員で始めることにしました。
Rくんは、遊び方をしらないため指導員がルールを伝えゲームが始まります。Rくんは自分の順番を待てずにトランプに触ってしまいます。そのつど声をかけるのですが、Rくん自身も「そうですよね、あーも~すいません」と言いながら、次こそはと姿勢を正してルールを守ろうとしています。
どうしても体が先に動いてしまうのか次も失敗してしまいました。指導員もわっかているのであえて声をかけなかったのですが、Rくんはその場から2、3歩下がった場所で体育座りをし、「ぼく、こうしてるから」といってそのまま自分の順番を待ち始めました。
改めて「どうして?」と聞くと「こうすれば触らないから」と答えてくれました。
指導員達もRくんのとった行動に驚き「えらい」と褒めましたが、小学1年生でこの行動を選択したRくんはすごいと思いました。(STEP長津田)

Bくんは普段オウム返しが多い。
楽しい時などは、一人で「かわいいー!」等の発言はあるが、人に対して自分から話しかける事はない。

本日、Aくんがお絵かきをしている前でスタッフが色塗りをしている。スタッフがBくんに「黄色貸してー!」等、声をかけ貸してもらうやりとをしていると、Aくんがスタッフの持っているペンに手を伸ばし「かーしー!」と言う!!!!!!!

自分から人に声をかける事は本当に少ないので、とてもうれしかったです!!(STEP相模大野)

本日、Dくんは落ち着きがなくなかなか帰りの車に乗ろうとせず教室内を走り回っている。

ようやく車に乗ることができ、スタッフと会話をしながらゆっくりクールダウンをする。
自宅までの道で、スタッフが「あ!ネコがいるよ!」と伝えると、「どこどこ!」と探し始める。

ネコを見つけて「ネコさん!ばいばーい!」と手を振っている!!
普段は、ネコがいるよ等声をかけられても、興味を示さない為手を振る姿を見て、とても癒されました!(STEP相模大野)

Fくんは、普段わざとスタッフに注意されようとして、ホワイトボードの裏にはいったり、暴言を言うことがある。
本日、Fくんと共に遊んでいるT君が、ホワイトボードの裏にわざと入る。
スタッフが注意しようとすると、Fくんが「Tくん、そこは入っちゃいけないって先生が言ってたよ。」とスタッフより先にT君に注意する!!「偉いね!さすが!」とスタッフに褒められ、頭を撫でられると「やめて。」と言いながらも、少しニヤニヤしている!!
自ら友達にしっかり注意する姿を見たのは初めてでした!!(STEP相模大野)

この日は、調理レクでアイスのトッピングをしました。アイスを専用のトングでお皿に盛り自分たちで切ったイチゴをのせて飾るというシンプルな作業でしたが、丁寧にお皿にのせていました。幸せそうに味わって食べてくれ、食べ終わった子から片づけ始めました。「ごちそうさまでした!」と立ち上がるRさんでしたが、クッション代わりのマットの上に正座していたため、足に跡がついてしまいました。「跡がついちゃったね」と指導員が言うと、Rさんは「やりきったあかしだよ!」と力強く答え、それを見ていたRくんが「頑張ったっていう証でもあるよ!」とRさんに声をかけていました。小学1年生同士ですが素晴らしいと指導員達もみんな感心しました。(STEP長津田)

本日、午後から電車を見るために近くの駅へ!!
Hくんは電車が大好き!!電車をすぐ近くで見る事ができ、車掌さんに思い切り手を振る。車掌さんが、Hくんに手を振り返し汽笛を鳴らしてくれると、満面の笑みでスタッフに「やったー!」と言う!!Hくんが心から喜んでいる様子を見る事が出来て癒されました!(STEP相模大野)

Kくん、最近ペーパークラフトに夢中!しかし、紙を自分で切ろうとすることはなくスタッフに「切ってください。」と毎回お願いしている。その都度、自分でも切る事が出来るよう「少しだけでも切ってごらん。」と伝えている。本日もKくんの前でスタッフがペーパークラフトを切っていると急に「僕も早く自分で作れるようになりたいな。」と言い、ハサミを持っている!!
スタッフが、画用紙に○△□を書いて渡すとゆっくり切り始める!!一つ一つ切り終える度に「上手に切れました!!」と言う!!
自分からハサミの練習をしようとするなんて!!と感動しました( ノД`)!!(STEP相模大野)

宿題の途中で消しゴムを沢山使ったNさん「先生、いっぱい使ったから消しゴムくんの頭がかわいそうになちゃった!」と綺麗にしていました。Nさんの優しさにみんなにっこりです。(STEP長津田)

T君と2人で特定の子の対し攻撃的になった。T君に何度注意してもクールダウンを行うことできなかった為、活動前にSSTを行うと、“前にやられたことが許せなかった”と話すが、それに対し“2人で1人に対して攻撃する事”“自分が嫌だったと思うことを人にはやる事”等話していくうちに自分のしてしまったことに気がつき、非を認めることができた。
今までYちゃんには絶対に謝りたくないと謝る事が出来なかったが、自分の中での葛藤はあったものの謝る事が出来た。(STEP浅草)

ここ一カ月ほど、T君がYちゃんに悪口を言われていると勘違いしていた。T君に何度説明しても納得せず、日々手や口での攻撃が強かった。
今日も教室内にはいるとYちゃんに攻撃的になっていたが、YちゃんはT君に興味がないことをはっきりと伝えた。その後、二人で話をさせると同じ境遇とわかり、意気投合する。仲直りはできたが、その後二人で特定の子に対し攻撃的になったため、活動前にSSTを行う。
SSTで話すと最後には“俺もYちゃんに今まで誤解して酷いことをしとていた”と自分の非を認めることができた。(STEP浅草)

ステップを利用する前は学校で座って授業をうけることができず、図書室や保健室ですごしていた。ステップ利用時も始めは、ステップに来ることも抵抗したり、切り替えがなかなかできないでいた。活動などをAくんが興味がわくことを取り入れたり、声掛けを工夫してみると少しずつ時間で動くことが身についてきた。この日、学校にお迎えに行くと、スクールカウンセラーの方から、ステップに通うようになってから少しずつ教室で授業を受けられるようになったり、クラスメイトと関わりをもてるようになったと報告を受けた。(STEP浅草)

環境に慣れるのに時間がかかり、人に対しての警戒心がかなり強い為、落ち着くために教室内で紙ちぎりをしてすごしている。利用児童が増えた事、職員の入れ替わりなどで、落ち着かない状態が続き、今までおやつ後にトランポリンをしていたが、環境の変化で出来ずにいた。この日も、大きな声に体をこわばらせていた。
固定のスタッフがついていられたこともあり、今年に入って初めておやつ後にトランポリンをして過ごすことができた。(STEP浅草)

自由遊び時、ブロック遊びをしているH君。前は、同じ形のブロックを上へ上へ積み上げていく事のみをしていました。今までもブロック遊びでお友達がカッコいいものを作るのをじっと見ては、貸してもらうばかりだったH君。。
段々うまくなってきているなぁ~と実感していましたが、今回っ!!誰もが驚く長くてカッコ良くて夢あふれる列車を作成していました。
みんなが、すごーい!!カッコいい!!というので照れるH君☆お母さんにも写真を撮ってプレゼントすると「いつの間に、こ~~んなに素敵な作品が作れるようになったんですね♪上手に作れるね☆H君、すごいねっ!!」と、感激して沢山褒めるお母さんに照れるH君♡
成長を感じられるひと時でした。(STEP白楽)

ご家庭意向で丁寧な字で宿題をするという決まりがあった為、丁寧な字で書けなかった場合は書き直しとしていた。スタッフが確認して読めない字にかんしては、消しゴムで消していたがHくんは“早く遊びたい”気持ちが強く泣いて訴えることが続いていた。なかなか切り替えができないでいたが落ち着いている時にゆっくりと話をしてみた。
“泣いていても宿題は終わらない事”“泣いて抗議している間に出来てしまうこと”“読めない字で書いてお家にもって帰っても家でやり直しをしなければいけない事”などをHくんが分かるよう説明すると理解が出来た。その後、宿題をやっても興奮状態になる事なくすすめることができるようになった。(STEP浅草)

教室内にてN君が鼻血を出している。鼻血が止まるまで座って静養していると、Y君が近くに来て「大丈夫?」と声をかけてきている。しばらくしてまだN君が静養していると、再びY君がN君に「大丈夫?鼻血止まった?」と声をかけている。スタッフが大丈夫だよ。と伝えると「そうか」と言ってその場を離れている。2人とも本日初対面であったが、相手を思う姿を見てほっこりした⭐️(STEP相模大野)

外出で遊具のある公園にお花見に行く。Uくんは、早い時間に帰宅したり、こだわりにより活動に誘っても「いやです」と言って参加しないことが多く、教室内ではお気に入りのパズルをしたり鉄道の本を読んだりして静かに過ごしている。しかし、公園ではブランコをしたりターザンロープなどのアスレチックをしたり積極的に身体を動かし、自ら「鬼ごっこやろう」とスタッフや小学校低学年の利用者さまRくん・Mくんなどを誘う場面あった。(STEP船橋高根台)

見学に来た子がエアーホッケーで遊んでいる。弟も一緒遊ぼうとすると「こっちは危ないからあっちで遊ぼう!」と自分から声をかける。1歳ぐらいの男の子と分かり、音の出るおもちゃや電車を選び「こうしたら音出るよー!」「ガタンゴトン、ガタンゴトン」とお手本も見せる。その子も、Y君に遊んでもらえてずっとニコニコ^^ 兄弟に見えたりする(〃艸〃)Y君にも弟がいるので、いつもこうして遊んであげてるのかな?お兄さんだなと、心が温まりました。(STEP相模大野)

STEPのニヤリホットはいかがでしたか?

来月はどんなニヤリホットが集まるか、お楽しみに!

Facebookコメント

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。


受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE