STEP戸塚原宿 ドラえもんミュージアムに行ったよ!

戸塚原宿夏休みのイベント
704views

こんにちは!STEPの広報の井上です。7月29日にSTEP戸塚原宿では、夏休みのおでかけイベントとして、神奈川県川崎市の藤子・F・不二雄ミュージアム(通称「ドラえもんミュージアム)におでかけしてきました。その様子をお届けします!

***

当日はとってもいいお天気!STEP戸塚原宿教室の最寄り駅からは、観音様が青空に映えてとってもきれいです。
大船の観音様

朝のお迎えの車で、教室には12人のお子さんが集まってきます。みんなが集まったら朝の会のスタートです。

スタッフ「今日はどこに行きますかー?」
みんな「ドラえもん!!ドラえもんミュージアム!!」

車で登戸駅まで向かって、ミュージアムへの直通バスに乗ります。ドラえもんバスです!
ドラえもんバス

到着すると、チケットと療育手帳を受付で提示して、クーラーの効いたお部屋でミュージアムの約束事を確認します。
ミュージアムの説明を聞く姿
12人のお子さんと8人の大人は3つのチームに別れました。

ドラえもんチームと、ドラミちゃんチームと、のび太くんチームです。スタッフのIさんがバッチを作ってくれました。
ドラえもんチームのバッチ

実は、バッチの裏には「万が一」迷子になった時のためのスタッフの電話番号が書いてあります。朝の会でも、みんなで確認しました。
バッチの裏側には連絡先

さあ、ドラえもんミュージアムの中にレッツゴー!

タッチパネルでドラえもんの漫画を動かしたり
タッチパネル

原作者の藤子不二雄先生にちなんだクイズで遊んだりしました。
藤子不二雄クイズ

小さな映画館では「コロ助のはじめてのお使い」というショートムービーも見ました。

そして、上の階に移動します。
上の階に移動

上の階はドラえもんの広場です。

恐竜のピー助と写真を撮ったり、のび太くん達がいつも遊んでいる公園を走り回りました。
ドラえもんのお庭

この日はとても暑かったので、遊びに夢中になりすぎて熱中症にならないように、スタッフが声をかけて水筒のお茶を飲んだり、トイレにいきます。
さわっちゃだめだよ。の注意書き。

最後はおみやげ売り場に行きました。

お店の中には、触っていいドラえもん(展示物)と、触ってはいけないドラえもん(商品)があります。

みんなの様子を見ていたら、小学校4年生の女の子が小学校1年生の男の子に

「このドラえもんは触っちゃダメなんだよ」
「・・・うん」

と、お姉さんらしい表情で教えてあげています。

安全を守るのは大人の役割ですが、子ども同士が教え合って学んでいく事もあります。家族やお友達とお出かけするのも楽しいけれど、違う年齢のお子さんが一緒に遊べるのは放課後等デイサービスのいいところです。

お土産を買いおわったお子さん&スタッフのところに行くと、待ちくたびれた男の子達がぶーらぶーらして待っています。

「女の子は~~~買い物が~~~なが~~~いなぁ~~~~」

その場にいたスタッフは大笑いでした。スタッフのFさんいわく

「女の子とはそういうものだ!」だそうです。ふふ^^
お土産をかう後ろ姿
お土産を買ったらバスに乗って登戸駅に戻ります。

バスの中で、スタッフのYさんが男の子と話しているのが聞こえました。

「たのしかったー?」

「たのしくない!」

「なんでー?」

「つかれた!」

「また行きたい?」

「うん!!!!」

お子さんとって、楽しい一日になったようでよかったです!^^

STEP広報のふりかえり
泣きわめくドラえもん
今日は12人のお子さんとドラえもんミュージアムで楽しい時間を過ごすことができました。

帰りの車の中で、こんなやり取りがありました。

「やーーーーだーーーーー!!Aくんの家がいい!!家に帰りたい!!」

帰りの車の中でAくんのお母さんに電話がつながらなかったので、Bくんを先に送っていくことになりました。すると、そのことに納得がいかないAくんは大きな声を出してドアを叩きます。私はAくんはわがままを言ってるのかな?と思って見ていました。すると、スタッフのIさんがAくんに話しかけます。

「Aくんのママ、いま忙しいんだよ。Aくんが悪いんじゃないよね。けど、ちょっとだけ、ママのため待ってあげられるかな?」

Aくんの気持ちを受け止めた声のかけ方をしていることが伝わってきました。「だめ!」や「待って!!」と頭ごなしに言うのではなく、声のかけ方や気持ちの受け止め方に、普段からAくんを見ていることを感じます。

Aくんや他のお子さんを送って教室にもどってから、スタッフの反省会にも参加しました。

「◯ちゃんは行かないって決めたら、行かない子だからね」
「お母さんの声掛けで行く気になってたのになぁ~」
「なんでだろうね?このまえの江ノ島水族館はノリノリだったのに」

スタッフそれぞれの関わりやお子さんの見え方を共有をします。そして、「この子はこうかな?」「前はこうだったよ」「こうしたらいいんじゃない?」など対応を話し合います。夏休みの楽しいおでかけは、安全を守るためのスタッフの工夫やチームワーク、そして普段からの積み重ねによって成り立っていることを感じました。(広報:井上)

Facebookコメント

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。


受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE