STEP本川越 アルゴリズム行進にチャレンジ!

30views

こんにちは!STEP本川越教室の古賀です。
本川越教室では、毎月1つテーマを決めて音楽療法を
月2、3回ほど行っています。

音楽療法とは、音楽に合わせて体を動かしたり、
人と一緒に楽器を演奏することによって、リラックス効果や
コミュニケーションの向上、協調性を高める活動のことを言います。

8月のテーマはテレビ【ピタゴラスイッチ】のなかで行われていた
『アルゴリズム行進』をみんなでチャレンジしました。

この活動に、
・1回目(8/2)…小学1年~中学2年の男の子7名 女の子1名
・2回目(8/10)…小学1年~中学2年の男の子8人
・3回目(8/29)…小学1年~小学3年の男の子3年 女の子3名
のお子さんたちが参加してくれました。

今回の活動の目的は
・音楽に合わせ体を動かすことによって集団行動及び、協調性を高める。
・イラストやスタッフの動きをよく見て模倣する。
以上の2点です。

スタッフが
「今月の音楽療法はアルゴリズム行進をやります!」
と言うと、お子さんたちから
「やった~~!」
「いぇーい!!」
など歓声があがりました。

実は以前にアルゴリズム体操をしたときにお子さんたちから
「アルゴリズム行進やりたい!」
との声が挙がっていたので、今回の音楽療法に取り入れました。

まずは、みんなで行進を行う前にホワイトボードの動きの
モデルの絵を見たり、スタッフの動きをよ~く見ながら
一つひとつの動きを確認します。
なかには、テレビでアルゴリズム行進を見て、振り付けを覚えている
お子さんもいました!

一度、みんなで一つひとつの動きを確認したあとは、行進する順番を決めます。
行進の順番を決める時にスタッフが
「先頭やりたい子!」
と聞くと何人かのお子さんたちが立候補してくれました。

スタッフが
「何で決める?」
と聞くと一人のお子さんから
「じゃんけん!」
との意見が…

他に立候補したお子さんたちも頷いて、
じゃんけんで決めることに納得した様子。
「じゃんけん、ポン!」
とじゃんけんをして先頭の子が決まりましたが…
負けてしまったお子さんが1人、先頭になれず涙を流していました。

スタッフが、
「みんなで決めたことだからしょうがないね。」
と声をかけると泣くのを堪え、列に並んでみんなと行進しました。
(がまんして切り替える姿には称賛です!!)

さあ、ミュージックスタート!!!
音楽が流れると、一生懸命スタッフの動きを見て真似しているお子さん、
すでに振り付けを覚えていてスタッフを見ずに踊れているお子さん

と様々でしたが、みんな行進の列から外れることなく
最後まで踊りきることができました!!

そして曲の最後にはみんなで決めポーズ!!

2回踊り終えスタッフが
「今日の音楽療法は終わりで~す。」
と言うと、お子さんたちから
「もう1回!」
「えっ~~!」
など、まだまだ踊り足りないようでした。(笑)

また帰りの会でお子さんたちから今日1日楽しかったことを
一人ひとり発表してもらうと、
「アルゴリズム行進楽しかったです^^」
「音楽楽しかったです^^」
と多くのお子さんたちが発表してくれました!

そして、9月の音楽療法は童謡「虫のこえ」では、
身近にある物(調理道具など)を楽器にみたて
虫の鳴き声をみんなで演奏する活動をしていますよ。^^

Facebookコメント

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。

03-6284-2953

受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE