障害のある人の”働く”と”自立”を支える福祉制度 ~社会福祉法人いたるセンターの見学レポート

親なきあとをどう支えるのか?
1,531views

障害のあるお子さんを育てるなかで「この子は将来どうなるのか?」という不安を抱えていませんか。

障害のある人の働き方には、企業などの障害者雇用枠で働く「一般就労」と、障害のある人が集まる場所で働く「福祉的就労」の2つの形があります。
今回は「福祉的就労」について知るために、株式会社リディラバの「障害者の”働く”と”自立”の可能性に触れるツアー」に参加をしました。

就労支援の制度について解説しながら、障害のある人が”働く”ことと”自立”する姿をご紹介します!

障害者が働く2つのカタチ

こんにちは。放課後等デイサービスSTEPで広報を担当している井上です。
普段はSTEPの療育を紹介したり、子育てのお役立ち情報を「発達障がい情報室」に掲載しています。

今回は障害のある人が働くことについて知るために、株式会社リディラバが企画をした「障害者の”働く”と”自立”の可能性に触れるツアー」に参加をしました。
ツアーの行き先は、東京都杉並区にある社会福祉法人いたるセンターです。いたるセンターは東京都杉並区で50年近い歴史を持つ社会福祉法人です。

見学レポートを交えながら「福祉的就労」について解説します。

社会福祉法人いたるセンターを訪問!

ツアーの当日はJR中央線荻窪駅に9時45分に集合して、住宅街をぬけて15分ぐらい歩くと「社会福祉法人いたるセンター」に到着しました。

社会福祉法人いたるセンター入り口の様子

いたるセンターに到着すると、人事と広報を担当している山本さんが出迎えてくださいました。
木のぬくもりを感じる開放的な玄関をとおって、食堂の奥にある広いスペースで施設の紹介と見学の流れについて説明をうけました。

いたるセンターの玄関

職員

こんにちは。いたるセンターの山本です。
いま、障害者の支援で課題になっていることをご存知ですか?それは、障害者の高齢化がはじまっているということです。
親が元気なうちは親のサポートを受けて暮らしていますが『親亡きあとをどう支えるのか?』それが私たちの取り組んでいる課題です。

いたるセンターは障害のある人の生活を支えるためのさまざまな福祉事業を行っている社会福祉法人です。
その理念について、山本さんはこう語ってくれました。

職員

いたるセンターは『働くことにより社会参加し、自立を促す』という運営理念をもっています。
どんなに障害が重くても仕事をしていただきます。そして、働く喜びを味わってもらいたいのです。

では、どんなふうに”働く”ことを実現して”自立”を支援しているのでしょうか。
18歳以上の障害のある人に適用される、障害者総合支援法に基づく福祉サービスの「生活介護」「就労継続支援A型」「就労継続支援B型」の制度について説明しながら、いたるセンターの事業についてご紹介します。

「生活介護」とは?~阿佐谷福祉工房

「生活介護」とは、障害者総合支援法の「介護給付」と呼ばれる福祉サービスのひとつです。

常に介護・見守りを必要とする人を対象にしています。
主に昼間において、入浴・排せつ・食事等の介護、調理・洗濯・掃除などの家事、生活に関する相談・助言、その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動・生産活動の機会の提供や、身体機能や生活能力の向上のために必要な援助を行います。

このサービスでは、自立の促進、生活の改善、身体機能の維持向上を目的として、通所によりさまざまなサービスを提供し、障害のある方の社会参加を支援する制度です。

この「生活介護」を行っているのが、阿佐谷福祉工房の「シルクスクリーンプリント事業」「製菓・製パン事業」です。その様子を見学しました。

阿佐谷福祉工房

シルクスクリーンプリント事業は、Tシャツやパーカーなどにオリジナルのデザインを印刷する技術です。
近隣の小学校やサークルが、クラブ活動やイベントのときに使うTシャツなどの印刷を受けつけています。
阿佐谷福祉工房のTシャツプリントは30枚以上注文すると1枚800円から高品質なオリジナルプリントを作っているそうです。

シルクスクリーンプリントのTシャツ

製菓・製パン事業は、安心安全な無添加の美味しいお菓子を作っています。
かぼちゃ・塩キャラメルの2つの味のクッキーと、ラズベリー・てんさい糖・ガーリックの3種類のラスクです。

お菓子

お菓子を作っている調理室は「衛生上の問題で部屋の外から覗くだけにしてください」と説明がありました。
いくつかのテーブルにわかれて作業をしている様子を見ることができました。
別のフロアでは、障害のある人がラスクのパッケージに丁寧にスタンプを押している様子を見学することができました。

作業するようす

「生活介護」の場合には、無理をさせるような作業はしないそうです。
私が見学したときにも、スタッフに寄り添ってもらいながら自分のペースで活動している人が多い印象でした。
「生活介護」の場合には利用者さんとスタッフの数は3対1にすることが決められているので、ひとりひとりの気持ちの波や体調にあわせて作業をしています。

・障害者総合支援法に基づく「生活介護」
・サポート受けながらそれぞれのリズムの中で作業を行う
・「工賃」として月に3000円程がもらえる

就労継続支援B型とは?~あけぼの作業所

就労継続支援B型とは、障害者総合支援法に基づく「訓練等給付」と呼ばれる福祉サービスのひとつです。
通常の事業所に雇用されることが困難な障害のある人に対して、生産活動などの機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行います。

このサービスを通じて生産活動や就労に必要な知識や能力が高まった方は、就労継続支援A型や一般就労への移行を目指します。

あけぼの作業所の中にある「マイファクトリー」は、企業からの受注業務や自主生産品の作業にとりくんでいます。
「就労継続支援B型」は雇用契約をむすばない働き方です。
労働基準法の適応外なので、賃金は「お給料」ではなく「工賃」とよびます。
利用者とスタッフの数は7対1にすることが決められています。

あけぼの作業所の外観

私が見学したのは雑誌の封入作業と耳栓のパッケージ作業です。
雑誌の封入作業をしている部屋に入ると、緊張感を感じました。
作業机には番号がふってあり、大きな机とダンボールが整然と並んでいます。
見学したのは11時半ごろなのでお昼前のお腹がすく時間でしたが、集中して作業をしている様子でした。

作業の様子を写真に撮ろうとすると、ツアーを案内してくれている吉田さんから声をかけられました。

差別解消法の対象分野一覧

製品や雑誌の写真は撮らないでください。取引先からお預かりしている製品なので、情報を守る責任があります。

写真撮影については「利用者の方の顔を写さないように」と事前に伺っていましたが、商品の情報を守ることで取引先と信頼関係を守っている姿勢からも、マイファクトリーが責任をもって仕事にとりくんでいることを感じました。

・障害者総合支援法に基づく「就労継続支援B型」
・訓練として仕事をする場所
・「工賃」が月14000円ほどもらえる

就労継続支援A型とは?~天然酵母のパン屋さんPukuPuku

就労継続支援A型は、障害者総合支援法に基づく訓練等給付という福祉サービスです。
企業などに就労することが困難な障害のある方に対して、雇用契約に基づく生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行います。

このサービスを通じて一般就労に必要な知識や能力が高まった方は、最終的には一般就労への移行をめざします。

先ほど見学したあけぼの作業所から車で移動して、いたるセンターが運営する「おいしいパンとカフェPukuPuku」に行きました。

PukuPukuはJR荻窪駅から徒歩10分の大通り沿いにあるパン屋さんです。
天然酵母のパンを中心に販売しており、店内でドリンクやスープと一緒に食事もできます。

パン屋プクプク

ここでは、障害のある人が就労継続支援A型の仕事をしています。
A型は労働基準法が適応される雇用形態なので、原則として最低賃金以上の賃金が「お給料」として支払われます。
お店に入るとパンのいい匂いがしました。

パン

山本さんが説明してくれました。

職員

自主生産品なので、どうぞ写真を撮ってかまいません。PukuPukuの食パンはもっちりしていて美味しいですよ。私も朝ごはんに食べています。そちらにあるグリーンカレーもこだわりのレシピで作っています。福祉作業所が作っていると思えないくらい、辛いカレーです。笑

パン

私は食パンとクリームパンとアップルパイ、あとラスク2つ、グリーンカレー缶を選びました。どのパンも美味しそうです。

パンをレジに持っていくと、笑顔が可愛らしい女性が会計をしてくれました。
こちらが嬉しくなるような笑顔で接客をしてくれたので、一緒に見学ツアーを回った学生さんが照れていました。

店内にはお客さんが途切れるこなく来ていたので、地域の人に愛されているパン屋さんだということを感じました。

・障害者総合支援法に基づく「就労継続A型」
・雇用契約を結んで従事する仕事
・「給料」が月69000円ほど貰えます

なぜ障害のある人も仕事をするのか?

施設の見学を終えたあとに、ここまでのツアーをふりかえりながら”働く”と”自立”について山本さんが話をしてくれました。

説明

職員

企業の障害者雇用枠や特例子会社で働ける人はそっちに行きます。
では、企業で働けない人はどうするのでしょう?デイサービスに通っていればいいと思いますか?

職員

なぜ障害のある人も仕事をするのかについて考えたときに、生活のメリハリをつけることや、労働の喜びや達成感を味わうこと、給料や工賃をもらって自分の楽しみを見つけることなど、働くことには色んな意味があると考えています。どんな重度の人でも達成感はあるんです。

職員

利用者さんに関わるスタッフは支援をすることもありますが、仕事をするための関わりをします。そのスタンスの違いについて、スタッフの側も理解をするのには時間がかかります。

職員

障害者の就労支援は、ただ支援や介護をやっていればよかった時代は終わりました。
制度に基づいたビジネスは国の経済が上がり調子のときにはよかったのですが、いまは予算が削られる時代なので小規模の作業所やショートステイは倒産したり、吸収・合併しています。
高齢者介護でも障害者支援でも同じことがいえます。例えば、ショートステイは介護する家族にとって必要なサービスです。けれど、夜勤のスタッフが足りなかったり、資金の問題で運営できなくなっています。

職員

私たちのセンターでも一般社会に商品として受け取ってもらえる品質の良いものを作っていかなければ生き残ることはできません。
品質の良い物をつくる工程に利用者が関わって、能力や特性を活かしてもらい仕事をする達成感を味わってもらうこと。これを実現しようとしています。

パン

親亡きあとをどう支えるのか?

「障害者の”働く”と”自立”の可能性に触れるツアー」に参加して、社会福祉法人いたるセンターが運営する阿佐谷福祉工房、あけぼの作業所、パン屋PukuPukuを通じて、障害のある人が働く姿を見ることができました。

ここでご紹介した以外にも、いたるセンターの中にはショートステイやグループホームや居宅介護事業所などがあります。
働く場所を作るだけでなく生活をサポートする事業も含めた「総合福祉」を行っています。

障害のある人の働き方は、企業の障害者雇用での「一般就労」の場合と、障害のある人のための「福祉的就労」という働き方があります。
今回は「福祉的就労」の「生活介護」「就労継続支援A型」「就労継続支援B型」をご紹介しました。

ツアーの冒頭で山本さんは「親亡きあとをどう支えるのか。それが私たちの取り組んでいる課題です」と、おっしゃっていました。

「親亡きあと」という言葉は、障害者に関わる仕事をしていると重い意味をもって使われる言葉です。
障害のあるお子さんの保護者の中には「この子よりも1日だけ長生きしたい・・・」と、切実な願いとして語るお母様もいます。

障害のある人にとって、親の支えがなくなったあとも生活をし続けることは、健常者とは事情が異なります。
いろいろな理由が考えられますが、世の中が障害のある人の都合や利便性に合わせて作られていないことや、私たちひとりひとりの心のなかに差別や誤解があることが原因かもしれません。
それでも、「親亡きあと」も障害のあるお子さんの人生は続きます。

いたるセンターが行っている総合福祉の取り組みは、働くことで人とつながって、住み慣れた地域で生活し続けることを実現しています。
それは、いたるセンターだけの特別な取り組みではなく、「生活介護」や「就労継続支援A型」や「就労継続支援B型」などの福祉制度で運営されています。

福祉予算が減る中で経営が難しくなっていることを伺いましたが、制度に基づいた事業であれば、国内のどんな場所でも「親亡きあと」を支えることができます。
そのために、いたるセンターのような場所をもっと多くの人に知ってほしい。
「障害者の”働く”と”自立”の可能性に触れるツアー」は、そんな可能性を感じさせてくれるツアーでした。

《関連する記事》
よくわかる発達障害者支援法
療育手帳と精神障害者保健福祉手帳について
知っておきたい福祉サービス ~移動支援の5W1H

《「障害」表記について》
この記事では制度・法律の名称について正しく記載するために「障がい」ではなく「障害」と記載しています。

《この記事の参考にさせてもらった資料》
・社会福祉士養成講座編集委員会(2016)『新・社会福祉士養成講座18 就労支援サービス』中央法規出版株式会社
・永野仁美,長谷川珠子,富永晃一,編(2016)『詳説 障害者雇用促進法 新たな平等社会の実現に向けて』弘文堂
・WAMNET「障害者福祉 制度解説コーナー サービス一覧」
・取材にご対応くださった株式会社リディラバの森様、社会福祉法人いたるセンターの山本様、吉田様、作業の様子を見せてくださった利用者やスタッフの皆様、ありがとうございました!

Facebookコメント

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。


受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE