発達障がい児の親御さんのための相談窓口まとめ

相談窓口まとめ
1,869views

「発達の遅れが気になる」「発達障がいと診断された」「就学のことで悩んでいる」など、発達障がいに関する情報を求めるお母さんはたくさんいると思います。発達障がいのこと、教育のことについて相談できる窓口や団体、書籍をご紹介します。

相談窓口一覧

発達障がい全般に関する相談

相談員女性

「どこに相談すればいいのかわからないから連絡した!」というという保護者の方からの問い合わせもありますよ

発達障害者情報・支援センター

発達障がい児/者とその家族が豊かな地域生活を送れるように、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関と連携し、地域の支援ネットワークを構築しながら、さまざまな相談に応じ、指導と助言を行っている機関です。
【場所】都道府県ごとに設置されています
【連絡先】住んでいる都道府県のセンターにお問い合わせください
【その他】発達障がい者支援センターの一覧はこちら

東京都発達障害者支援センター(通称:トスカ)

東京都在住で発達障がいの本人とその家族、医療や教育、福祉、あるいは行政機関など、発達障がいのある人に関係する人が利用対象となる機関です。
【場所】〒156-0055 東京都世田谷区船橋1-30-9
【連絡先】TEL 03-3426-2318 FAX 03-3706-7242 Mail tosca@kisenfukushi.com
【受付時間】月・火・木・金 10:00-17:00
【HP】http://www.tosca-net.com/

都立小児総合医療センター こころの電話相談室

子どもの行動面や心についての気がかり、病院受診への迷いなどについて心理職が相談に応じてくれる機関です。
【連絡先】042-312-8119
【受付時間】月-金(祝日を除く)9:30-11:30,13:00-16:30
【HP】http://www.byouin.metro.tokyo.jp/shouni/annai/kokorotel.html

教育に関する相談窓口

相談員男性

「こんなふうに支援を受けながら、学ぶことができますよ」ということをお伝えできます!

児童発達支援センター

障がいのあるお子さんを通所させて日常生活における基本的動作の指導、自活に必要な知識や技能の付与または集団生活への適応のための訓練を行う施設です。福祉サービスを行う「福祉型」と、福祉サービスに併せて治療を行う「医療型」があります。障がい児に対する通所施設は、以前は障がい種別に分かれていましたが、複数の障がいに対応できるよう平成24年度より一元化されました。
【場所】区市町村ごとに設置されています
【連絡先】詳細は住んでいる区市町村の障がい福祉課(福祉事務所)にお問い合わせください

お住まいの市区町村のホームページを見るか、「◯◯市」「障害福祉課」「福祉事務所」で検索すると出てきます!出てこない場合は役所に電話してみてください 。

教育センター/教育相談/特別支援教育センター

幼児から高校生相当年齢までのお子様の性格や行動、しつけ、発達、いじめ、不登校、体罰、高校への進級・進路などに関する相談を子どもたちや保護者、学校の先生から受け付けています。
「何か気になることがある」という保護者の方からの相談を受け付けています。
【場所】区市町村ごとに設置されています
【連絡先】詳細は住んでいる区市町村の教育相談窓口にお問い合わせください

東京都特別支援教育推進室

お子さんの障がいの状態や発達の状況に応じて、適切な教育を受けられるように転学の相談や通級による指導の調整、都立高校等への巡回相談の実施や専門性を有する人材についての情報提供を行っています。
【場所】〒162-0817 東京都新宿区赤城元町1-3
【連絡先】03-5228-3433
【受付時間】月~金(祝日除く)9:00-15:00
【HP】http://www.shugaku.metro.tokyo.jp/

国立特別支援教育総合研究所 発達障害教育情報センター

発達障がいのある子どもの教育の推進・充実に向けて、発達障がいにかかわる教員及び保護者をはじめとする関係者への支援と理解を広げるために、Webサイト等による情報提供や理解啓発、調査研究活動を行う機関です。
【場所】〒239-8585  神奈川県横須賀市野比5丁目1番1号
【連絡先】相談窓口なし、HP上で相談機関の紹介と相談事例の情報提供を行う
【HP】http://icedd.nise.go.jp/?page_id=21

東京都ひきこもりサポートネット

ひきこもりで悩んでいる若者やその家族、友人などから電話や電子メール、訪問による相談に応じ、ひきこもりから脱する方法や支援機関の紹介を行っています。
【連絡先】03-5978-2043
【受付時間】月-金(祝日を除く)10:00-17:00
【メール相談】会員登録が必要
【HP】http://www.hikikomori-tokyo.jp/

当事者団体やネットワークなど

096922

当事者団体や親の会にも相談窓口があります!障害児のきょうだい支援の団体もありますよ!

NPO法人 全国LD親の会

LD(学習障がい)など発達障がいのある子どもを持つ保護者の全国組織です
【場所】各都道府県の支部ごとに対応
【HP】http://www.jpald.net/index.php

社団法人 日本自閉症協会

自閉症、高機能自閉症、アスペルガーの人を支援する団体です。
【専門相談】(有料)(予約制)詳しくはHPをご確認ください。
【一般相談】(無料)月金9:30-16:30、水11:00-15:00 詳しくはHPをご確認ください
【HP】http://www.autism.or.jp/

NPO法人 えじそんくらぶ

注意欠陥/多動性障がいの正しい理解の普及と、ADHDを持つ人々を支援する団体です。
【受付時間】(有料)(予約制)臨床心理士による個別相談。詳しくはHPをご確認ください
【HP】http://www.e-club.jp/

NPO法人 EDGE

LD(学習障がい)や読み書きに困難がある人を支援する団体です。
【受付時間】(有料)月-金(祝日を除く)10:00-17:00 詳しくはHPをご確認ください
【HP】http://www.npo-edge.jp/

全国手をつなぐ育成会連合会(知的障害者の親の会)

知的障がい者の親の会です。全国の55の団体と連携して活動されています。
【場所】都道府県の支部ごとに対応。都道府県ごとの育成会
【HP】http://zen-iku.jp/

きょうだい支援を広める会

障がい児や慢性病の子どもの「きょうだい」のための支援団体です。
【受付】メールで問い合わせ・相談が可能。詳しくはHPをご確認ください
【HP】https://www.sibs-japan.org/support/research

関連する書籍

『発達障害者支援ハンドブック2015』

東京都福祉保健局が2015年に発行したハンドブック。情報は都内に限定しているが事例検討などは他県でも共通する内容もあるので1冊手元に置いておくと便利かもしれません。下記ページからダウンロードできます。
東京都福祉保健局 発達障害者支援ハンドブック

『改訂版 発達障害児のための支援制度ガイドブック』

社団法人日本発達障害ネットワークが発行するガイドブック。発達障がいにまつわるさまざまなサービス・制度がありますが「実際に利用するにはわかりにくい!」という保護者のために、支援制度を整理するとともに、当事者・保護者の視点からのアドバイスや体験談を紹介している本です。
Amazonでの購入はこちら

まとめ

お子さんの年齢や学年ごとに相談したい内容も変わっていくと思います。お子さんの育ちの過程で必要な情報を得るためにご活用ください!

《関連する記事》
発達障害とは? ~発達障害の定義・原因・種類・症状・相談窓口まとめ
学童保育と放課後等デイサービスの特徴まとめ
放課後等デイサービスの探し方、選び方
放課後等デイサービスの利用までの流れ
放課後デイっていくらかかるの?~利用料金のしくみ
療育手帳と精神障害者保健福祉手帳について

《この記事の参考にさせてもらった資料》
・東京都福祉保健局(2015)『発達障害者支援ハンドブック2015』
・NHKハートネットお役立ち情報 http://www.nhk.or.jp/heart-net/topics/
・各機関に電話取材をさせていただきました。ご協力頂いた相談員の方、ありがとうございました!

Facebookコメント

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。


受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE