心と身体にひびく音楽の処方箋~音楽療法について

音楽療法
2,769views

嬉しい時、悲しい時、落ち込んだ時、音楽に救われた経験はありませんか?音楽が心と身体に及ぼす効果は多くの人が感じています。それは障がいのあるお子さんも同じことです。

音楽療法とは「音楽の処方箋」を用いて、心と身体を良い方向に導く療育方法です。音楽療法がどのようなものか、音楽療法士の方へのインタビューを交えてご紹介します!

音楽療法ってなに?

音楽療法とは何でしょうか?日本音楽療法学会における音楽療法の定義は以下の通りです。

「音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障がいの回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」

音楽療法を受けるクライアントが楽しく参加できる音楽活動を通じて、日常生活に発生している困難を改善し、QOL(生活の質)を上げることが目的です。
音楽教室で歌や楽器を習いそのスキルを向上させることや、情操教育を目的としているリトミックとは、また違った位置づけとなります。

障がいのある子への音楽療法とは?

障がいによって細かい運動が苦手な子どもに対しては、指先を使う楽器での演奏や、だんだん動きを複雑にしてゆくダンスなどの活動が効果的です。
コミュニケーションが苦手な方であれば、同じグループの仲間と一緒に合奏や曲づくりをするなどのアプローチが考えられます。
136060

音楽療法士の人に聞いてみよう!

音楽療法士さんに音楽療法について質問をしました。

「音楽療法士」はどんな資格ですか?

スタッフ
「日本音楽療法学会認定音楽療法士」の資格を取得するためには、学会の認定校(大学・専門学校)もしくは学会が主催する講習会で必要なカリキュラムを学んだ後、資格試験に合格することが条件です。
試験は1次試験は筆記試験と論文で、これに合格すると「認定音楽療法士(補)」の資格が取得できます。2次試験は面接と実技(ピアノかギターを用いての弾き歌い)でこれに合格して初めて「認定音楽療法士」を名乗ることができます。

今まで、どんなお子さんの音楽療法を行いましたか?

スタッフ
ダウン症や自閉症のお子さんの音楽療法をおこないました。

どんな音楽療法を行ったのでしょうか?

スタッフ
私が担当したダウン症の男の子は発音が不明瞭で言語でのコミュニケーションが難しいお子さんでした。
特に、怒りの感情のコントロールが苦手で、他のお子さんに乱暴をしてしまうことがあります。

彼には「自分が選ばなかった楽器は他児に渡してあげよう!」というルールを設定して、乱暴をせずに他のお子さんと関われる促しをしました。
長い時間をかけて関わる中で、他のお子さんに対して「どうぞ」「あげる」など言いながら優しく楽器を渡すようになりました。
その姿をみて、私もとても嬉しかったです!

自閉症のお子さんに対しては、どんな音楽療法を行ったのでしょうか?

スタッフ
印象にのこっているのは、演奏する際に一定のリズムにとらわれてしまう自閉症のお子さんがいました。まず、彼が音楽を通じて人と関われるように活動を組み立てました。
楽器を交換したり、楽器を持つ人と叩く人、など役割をつくるなどして協力して合奏をすると、次第に欠席した児童を気にかけたり、先生の名前を呼ぶことが増えたように思います。
言葉でコミュニケーションできなくても、音楽であれば関われることは多く見られます。

音楽療法はどんな効果があるのですか?

スタッフ
音楽は、リズム、メロディー、ハーモニー、ことば、曲から湧くイメージ、始まりと終わり、繰り返しなど、多くの要素で構成されています。誰でも親しみやすく、そのときその場で生まれた音楽を一緒に分かち合う相手がいることで成立します。
先ほどの回答と重なりますが、そうした音楽のはたらきを利用して、クライエントに隠れている力を引き出し、望ましい方向へと導くことが音楽療法にできることです。

どんな楽器を使うの?

音楽療法で用いる楽器の一部をご紹介します。

・パドルドラム
タンバリンに柄がついたようなドラムです。片手で本体を持ち、もう片手でバチを持って叩きます。音楽に合わせてセラピストが本体を差し出し、差し出された人が叩く、などの遊びもできます。
パドルドラム
・ギャザリングドラム
床や机において叩くドラムで、小さい子なら2~4人で囲んで叩ける大きさです。向かい合って叩き合いっこなどができます。
ギャザリングドラム
・ツリーチャイム
キラキラ〜という音がします。指やバチで優しくさわって鳴らします。少し触れるだけで音が鳴るので、まひや肢体不自由の方にも鳴らしやすいです。星がモチーフの曲や静かな曲のときに取り入れたりもします。
ツリーチャイム
・ベルハーモニー
ハンドベルの上の部分のみの楽器で、レストランの呼び鈴のように上から押して鳴らします。音ごとに色分けしてあるので、担当の音を決めて合奏などができます。
ベルハーモニー
《この記事の参考にさせてもらった資料》
・村井靖児(1995)『音楽療法の基礎』音楽之友社
・中嶋恵美子、かなしろにゃんこ(2016)『発達障害でもピアノが弾けますか?』YAMAHA
・STEPの音楽療法士さん、ご協力ありがとうございます!

Facebookコメント

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。


受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE