【本の紹介】「こまってる」と伝えられないお子さんへ

助けてワード10
1,757views

こまっている状況に立ち尽くして黙ってしまう。
どうしたいのか周囲に伝えることができない。
助けてほしいことを伝えられないお子さんがいます。

そのままにしておかないでトレーニングをすることで、喧嘩やイジメなどの大きな問題に発展することを防げます。

放課後等デイサービスSTEPの心理士の杉山さん(淵野辺教室)オススメの本『発達障害の子のコミュニケーション・トレーニング』から、今日から使える【助けてワード10】をご紹介します。

・「どうすればいいですか?」
  →適切な行動を聞く
・「わかりません」
  →理解度を伝える
・「●●ならできそうです」
  →違う方法を提案する
・「●●がうまくできません!」
  →苦手な分野を伝える
・「●●してもらえますか?」
  →希望を具体的に伝える
・「大丈夫じゃないです」
  →我慢しない
・「ちょっと待ってください」
  →時間的な余裕を求める
・「もう一度教えてください」
  →わかるまで聞く
・「●●だから、●●していいですか?」
  →理由を言う
・「先生!」 / 「●●さん!」 / 「●●くん!」
  →名前を読んでヘルプを求める

助けてワード10

困ったときに助けを求めるスキルを身につけると、お子さんの生活は安定します。

「失敗しても大丈夫」
「たすけを求めて、やり直せばいい」

と感じることができたら、気持ちに余裕がうまれるのではないでしょうか。

目上の人にも助けを求められるように、丁寧な言葉・表情を覚えられたらいいですね。
助けてもらったら「ありがとう」と言うことも大切です!

この本の中で、著者の有光興記先生(駒沢大学文学部心理学科教授)は以下のように言っています。

本書ではコミュニケーションに注目して、トレーニング方法を紹介しています。トラブルの事例を挙げ、どのようなトレーニングが有効か、説明していきます。コミュニケーション・スキルは誰にとっても必要なものですから、特に診断を受けていない子にも役立ちます。

私は小中学校に通う発達障害の子へのコミュニケーション・トレーニングを実践してきました。そのなかで、子どもたちが苦しんでいた事例と、それに対して私やスタッフが悪戦苦闘して考えてきたトレーニングを本書で紹介しています。

発達障がいのお子さんだけでなく、コミュニケーションが苦手なお子さんにも役立つ本だと思います。ぜひお手にとってみてください!

《関連する記事》【ごめんねワード10】はこちら

《関連する記事》
発達障害とは? ~発達障害の定義・原因・種類・症状・相談窓口まとめ
発達障がいと特別支援教育 ~小学生編
先生や支援者とのコミュニケーション~子どもの困難を“見える化”する工夫
診断名にとらわれないで!~子育ての「不安」を「安心」に変えるヒント

Facebookコメント

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。


受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE