本・映画

【本の紹介】「ごめんね」がいえないお子さんへ

友達の話を聞かずに、自分の言いたいことばかりを話す。 ちょっとからかわれただけで、キレて暴力をふるう。 そのような会話のトラブルを何度も繰り返すお子さんがいます。 そのままにしておかないでトレーニングをすることで、喧嘩や …

続きを読む
  • 408
  • 28

【本の紹介】「こまってる」と伝えられないお子さんへ

こまっている状況に立ち尽くして黙ってしまう。 どうしたいのか周囲に伝えることができない。 助けてほしいことを伝えられないお子さんがいます。 そのままにしておかないでトレーニングをすることで、喧嘩やイジメなどの大きな問題に …

続きを読む
  • 830
  • 89

【漫画の紹介】「障害のある子を手放した母親」の私のストーリー

「あの、実は私、『障害のある子を手放した母親』なんです・・・・」 この本には、明るくて、前向きで、優しい、太陽のようなお母さんは登場しません。「私の体験は本にするのにはふさわしくないと思う・・」と語る筆者に対して、編集者 …

続きを読む
  • 698
  • 17

【漫画の紹介】『生きづらいと思ったら親子で発達障害でした』

幼い頃から生きづらさを抱えていた作者の息子は2人とも発達障害グレーゾーン。「人目が怖い」「集団が怖い」「未来が怖い」と、絶望と希望を繰り返しながらも、なんとか生きていく姿に共感と応援の声が集まる実録コミックエッセイをご紹 …

続きを読む
  • 1147
  • 38

【漫画の紹介】『ちーちゃんはちょっと足りない』

阿部共実さんの『ちーちゃんはちょっと足りない』という漫画をご存知でしょうか。成績、お金、恋人、友達、いつも何かが足りない気がする中学2年生の女の子たちの物語です。明るい表紙のイラストとは裏腹に、物語の結末は読者を暗い気持 …

続きを読む
  • 155
  • 3

オススメ映画7本~笑えるものからシリアスなものまで!

映画の中にも発達凸凹(デコボコ)な人の生きる姿を描いた作品がたくさんあります。 今回はオススメの邦画7本をご紹介します。 療育の原点を学ぶ『筆子 その愛』 滝乃川学園は1891(明示24)年に創設された日本で最初の知的障 …

続きを読む
  • 319
  • 5

【漫画の紹介】健常と障害の『はざまのコドモ』

主人公のヨシ君は発達障がいのある子どもです。「字がかけない」「睡眠障がいで朝起きられない」など日常生活で様々な困難があるため本当は支援や配慮が必要です。けれど、特別支援学校への進学が認められません。なぜなら、ヨシ君は健常 …

続きを読む
  • 546
  • 13

【本の紹介】自閉の世界を旅する本

自閉の世界への案内人 ~作家 東田直樹さん 会話のできない自閉症の中学生が書いた本があることをご存知でしょうか。『自閉症の僕が跳びはねる理由』という本があります。約30カ国で翻訳出版され、英語圏で翻訳された書籍は10万部 …

続きを読む
  • 579
  • 9

【本の紹介】『ゆうやけで輝く子どもたち~障がい児の放課後保障と実践のよろこび』

「ゆうやけ子どもクラブ」という放課後等デイサービスがあります。約40年前から障がい児の放課後支援に取り組んでいて、代表のユニークな人柄と、子どもへの関わり方が魅力的な団体です。その実践記録が一冊の本として出版されています …

続きを読む
  • 436
  • 4

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。


受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE