児童発達支援管理責任者(児発管)とは?

児童発達支援管理責任者とは
51,498views

※児童発達支援管理責任者の要件は2017年4月1日から変更となりました。
※以下の内容は2017年3月31日までの要件を記載しています。

制度改正後の児発管要件の変更点については、以下の記事をご参照ください。
なにが変わるの?放課後等デイサービス制度改正

児童発達支援管理責任者とは、障害者施設や特別支援教育に携わった経験のある支援者・療育者が、実務要件を満たしたうえで研修を受講することで取得できる資格です。
児童発達支援センターや放課後等デイサービスで、療育の「専門職」「指導的立場」として働くことができます。

子どもの発達・成長を支える専門職として注目されている「児童発達支援管理責任者」の資格についてご説明します!

児童発達支援管理責任者とは?

児童発達支援管理責任者とは、児童福祉法に定められた施設での関わりを通して、児童の発達の課題を把握して個別支援計画を策定し、ひとりひとりに合った支援や集団療育の企画・管理を行う役割です。
通称では”児発管(じはつかん)”と言われています。

根拠 児童福祉法第21条の5の17、第24条の11
立場 サービス提供部門の管理職または指導的立場を担う
業務内容 ・個別支援計画の作成
・サービス提供プロセスの管理
・サービス提供職員への技術指導と助言など

児童発達支援管理責任者になるためには、実務要件を満たしている上で、市区町村または都道府県が実施する「児童発達支援管理責任者研修」および「相談支援従事者初任者研修」の2つの講習を受講することが必要です。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

実務要件はとても細かく定められており、障害者の保健・医療・福祉・就労・教育の分野における相談支援・直接支援などの業務における実務経験(3~10年)が必要です。

実務要件について

※児童発達支援管理責任者の要件は2017年4月1日から変更となりました。
※以下の内容は2017年3月31日までの要件を記載しています。

児童発達支援管理責任者の実務要件は「持っている資格の種類」と「職務内容」と「経験年数」によって、要件の内容が異なります。

①相談支援業務 5年以上
②直接支援業務 10年以上
③有資格者など 3~5年以上

実務経験の日程換算については、1年以上の実務経験とは、業務に従事した期間が1年以上であり、かつ、実際に業務に従事した日数が1年あたり180日以上あることをさします。

①相談支援業務における実務経験

施設や保険医療機関の相談支援や特別支援学校の進路相談業務に5年以上従事した場合、実務要件として認められます。

対象となる主な事業
・施設などにおいて相談支援業務に従事する者
・保険医療機関において相談支援業務に従事する者
・就労支援に関する相談支援の業務に従事する者
・特別支援学校における進路相談・教育相談の業務に従事する者

対象となる主な相談機関・施設など
・児童相談所
・身体障害者更生相談所
・精神障害者社会復帰施設
・知的障害者更生相談所
・福祉事務所
・発達障害者支援センター
・障害児入所施設
・障害者支援施設
・老人福祉施設
・精神保健福祉センター
・救護施設及び更生施設
・介護老人保健施設
・地域包括支援センター
・障害者職業センター
・障害者就業・生活支援センター
・特別支援学校

②直接支援業務における実務経験

施設および医療機関などにおける介護業務や特例子会社などでの就業支援の業務、特別支援学校における職業教育の業務に10年以上従事した場合、実務要件として認められます。

対象となる主な事業
・施設及び医療機関などにおいて介護業務に従事する者
・就労支援の業務に従事する者
・特別支援学校における就業支援の業務に従事する者
・その他、これらの業務に準ずると都道府県知事が認めた業務に従事する者

対象となる主な施設・医療機関など
・障害児入所施設
・障害者支援施設
・老人福祉施設
・介護老人保健施設
・病院、診療所の療養病床
・保険薬局
・訪問看護事業所
・障害児通所支援事業
・障害福祉サービス事業
・老人居宅介護等事業
・特例子会社
・重度障害者多数雇用事業所
・特別支援学校

③有資格者の相談・直接支援業務における実務経験

有資格者の場合、資格の種類によって実務要件の必要年数が異なります。

5年以上の実務要件が求められる資格
以下の資格を取得した上で直接支援業務に5年以上従事していることが求められる資格です。

・社会福祉主事任用資格を有する者
・訪問介護員2級以上に相当する研修を修了した者
・保育士
・児童指導員任用資格者
・精神障害者社会復帰指導員任用資格者

3年以上の実務要件が求められる資格
以下の国家資格などを取得して5年以上従事しており、相談支援業務および直接支援業務に3年以上従事していることが求められる資格です。

・医師
・歯科医師
・薬剤師
・保健師
・助産師
・看護師
・准看護師
・理学療法士
・作業療法士
・社会福祉
・介護福祉士
・視能訓練士
・義肢装具士
・歯科衛生士
・言語聴覚士
・あん摩マッサージ指圧師
・はり師
・きゅう師
・柔道整復師
・栄養士
・管理栄養士
・精神保健福祉士

上記の実務要件を満たしたうえで、「児童発達支援管理責任者研修」と「相談支援従事者初任者研修(講義部分)」を受講すると「児童発達支援管理責任者」として働くことができます。

ヘルパー2級を取得してから、訪問介護事業所で5年間常勤で勤務しました。私でも実務要件を満たしていますか?
実務要件を満たしていますので、研修を受講することで児童発達支援管理責任者になることができます。
保育士として保育園に10年間勤務して、受け持ったクラスに障害のある子がいました。私でも資格要件を満たしていますか?
保育園・保育所は算定対象外なので要件を満たしていません。保育士として要件を満たすには重症心身障害児施設や障害者入所施設、放課後デイなどの障害児・者に関わる施設で5年以上勤務していることが必要です。
介護福祉士として高齢者デイサービスに5年間常勤で勤務していましたが、私でも資格要件を満たしていますか?
高齢者デイサービスは直接支援業務として算定対象外なので要件を満たしていません。直接支援業務の経験として認められる主な高齢者施設は老健、特養、有料老人ホームなどです。
実務要件は満たしていますが、研修はこれから受けるので児童発達支援管理責任者になれますか?
平成30年3月末日までは、実務経験者である者については研修を修了しているものとみなし、児童発達支援管理責任者になることができます。ただし、指定1年以内に研修を受ける必要があります。

児童発達支援管理責任者の勤務先

児童発達支援管理責任者が働く通所支援は、「児童発達支援センター」「放課後等デイサービス」の2つがあります。

児童発達支援センターとは

地域の障害のある児童を通所させて、日常生活における基本的動作の指導、自活に必要な知識や技能の付与または集団生活への適応のための訓練を行う施設です。
福祉サービスを行う「福祉型」と、福祉サービスと併せて治療を行う「医療型」があります。

対象者 ・身体に障害のある児童
・知的障害または精神障害のある児童(発達障害児を含む)
・児童相談所、市町村保健センター、医師等により療育の必要性が認められた児童
・上肢、下肢または体幹機能に障害のある児童(医療型)
サービス内容 「福祉型」は、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練などを行います。
「医療型」は、上肢、下肢または体幹の機能の障害のある児童に対する児童発達支援及び治療などを行います。

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスは、6歳~18歳までの障害や発達に特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる福祉サービスです。
個別療育や集団活動を通して、家と学校以外の居場所やお友だちをつくることができるので“障害児の学童”とも表現されます。

対象者 原則として6歳から18歳までの就学児童で、障害手帳、療育手帳(※「愛の手帳」「みどりの手帳」と呼ぶ地域もある)、精神障害者保健福祉手帳などの手帳を所持する児童。または、発達の特性について医師の診断書がある児童。
サービス内容 厚生労働省「放課後等デイサービスガイドライン」によって、ひとりひとりの個別支援計画に基づき、以下の活動を組み合わせて支援を行うことが求められている。
①自立支援と日常生活の充実のための活動
②創作活動
③地域交流の機会の提供
④余暇の提供

《関連する記事》
放課後等デイサービスとは?

児童発達支援管理責任者として働いてみませんか?

東京・神奈川・埼玉・千葉に教室がある「放課後等デイサービスSTEP」は、利用児童ひとりひとりに合った療育を通して、社会的スキルの向上を支援しています。
STEPの療育事例やスタッフ紹介をHPに掲載しています。

staff_illu_nakaji

障害の診断があってもなくても、どんな子も可能性を持っています。「この子の能力を伸ばしてあげたい」「色々な事にチャレンジさせてあげたい」という想いに対して、家庭だけではできない部分をスタッフみんなで一緒に育てていきたいです。(STEP白楽教室 児童発達支援管理責任者)

STEP西東京 管理者・児童発達支援管理責任者 山根

放課後等デイサービスは学校も学年も異なる色々なお子さんが集まる場所です。だからこそ、成長できる場所ではないでしょうか。

私を含めたスタッフは「橋渡し」の役割を担っていると思っています。それは、子ども同士の関係性の橋渡しであり、何かに挑戦しようという気持ちの橋渡しでもあります。(STEP西東京教室 児童発達支援管理責任者)

《関連する記事》
どんなことをやってるんだろう? STEPの療育事例
どんな人が働いてるんだろう? STEPの管理者へのインタビュー

わたしたちの理想に共感していただけるような、情熱と想いのある児童発達支援管理責任者を募集中です!

《「障害」表記について》
この記事では制度・法律の名称について正しく記載するために「障がい」ではなく「障害」と記載しています。

《この記事の参考にさせてもらった資料》
児童福祉法
・国立障害者リハビリテーションセンター学院「平成27年度 サービス管理責任者等指導者養成研修会資料
・東京都福祉保健局障害者施策推進部 施設サービス支援課 児童福祉施設担当「児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業の基準等について
・横浜市こども青少年局障害児福祉保健課「児童発達支援管理責任者の要件

Facebookコメント

STEPの見学・体験授業を受けてみませんか?

STEPに関することなら、どんなことでもお気軽にお問い合わせください!
担当スタッフが丁寧に説明いたします。


受付時間10:00~18:00(土日除く)

新着情報

Facebook twitter LINE